最近はSuicaやエディ、ID、nanaco、waon 等の電子マネーが普及して便利になりましたね。お買いものも電子マネーでできるのでコンビニくらいなら財布を持たないで買い物に行くことも増えました。でも、電子マネーに対応していないお店もまだまだ多いのが現実。

先日、いつものように電車の改札にスマホをピッ!として電車に乗って出かけました。そして目的地に着いた時にふと気づいたのです。

「財布忘れた!」

法務局に会社の謄本と印鑑証明を取りに行ったのですが、法務局のような行政機関はSuicaやエディのような電子マネーは使えるわけもなく、印紙を買えません。

その日はちょっと急ぎで謄本と印鑑証明が必要だったので、どうしようか悩みました。家に財布を取りに帰るにしても時間がかります。

電子マネーで現金は作れる?

スマホでモバイルSuicaを利用しています。他に楽天エディも使っています。コンビニはもちろん、その他いろいろなお店が電子マネーに対応しています。だから1日現金なしで過ごす日も最近は少なくありません。このように電子マネーの普及が財布を忘れさせる原因にもなっていると思います。

これらの電子マネーで何とか現金を作れないか考えました。もちろん電子マネーから直接現金を手に入れる事はできません。まず考えたのは、コンビニで切手を買って金券ショップで売るという方法です。でも、切手のような金券にあたるものは現金でなければ買えないことになっています。ハガキも同様に買えません。なので、金券ショップに売れるようなものはそもそも現金がないと買えないということになるのでこの方法で電子マネーから現金は作れません。

では、金券以外を電子マネーで買って中古で売るというのはどうか?
でも、買取してくれるような中古屋なんてそうそう見つかりません。ここが秋葉原ならパソコンやパーツを買い取ってくれるお店は何件も見つかるのですが、そういう場所ではなかったので断念しました。

こんな時の為にパスケースにクレジットカードや1000円札の1枚でも入れておくという人もいるそうです。これからはそうしようと思いました。

キャッシングを利用する

と、パスケースを見て思ったのですが、運転免許証も入っていました。これで何かできないかと。。。お金を借りられないかと思いました。

お金を借りるといっても手続きがあるし家に帰る方が早いんじゃないかとも思いましたが、一旦家に帰ることほど面倒に感じることはありません。家に帰るだけならいいですが、またここに戻ってこなければいけないのですから。

そういえば、テレビでよくやっているプロミスのCMを思い出しました。あの消費者金融のプロミスです。すぐスマホで検索して調べてみると最短30分で審査とか当日融資も可能とか書いてあったのでダメもとで申し込んでみました。必要なお金はたかだか2000円程度のものでしたので、この際金利は往復の電車賃よりも安いので借りた方が得だと判断しました。

後で分かったのですが、プロミスははじめての人には30日間は無利息でした(※)。すぐに(30日以内に)返済したので金利はかかりませんでした。家に帰る電車賃分をまるまる得したことになります。※30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録(無料)をする必要があります。

すぐにスマホでプロミスに申し込みをしました。わずか5分程度でしょうか。必要事項を記入して送信しました。

申し込みの注意点!プロミスにWEBで申し込むとき、契約方法を選択する項目がありますが、必ず「来店契約」を選んでください。来店契約にすれば無人契約機に行ってその場でカードが発行されてその場でお金を借りることができます。「WEB契約」にするとすぐに振り込んでくれるサービスがありますが振り込まれてもそれを引き出すキャッシュカードを今は忘れてるわけですから意味がありません。

送信後、10分くらいで電話がかかってきました。プロミスからです。本人確認ということでいろいろと質問をされました。ひととおり本人確認が終ると、その後、会社に在籍確認の電話が行くということでした。本当に申告した会社で働いているのか?もしかして無職じゃね?嘘ついてんじゃね?って疑ってるんですね。でも在籍確認は私だけでなく誰でも必ずされることのようです。

会社にいなくても在籍確認は可能

でも、これから会社に行って電話を待たなければいけないのか?というとそいういうわけではありませんでした。在籍確認というのはその会社に勤めてることが分かればいいだけなので、他の人が電話に出て「○○はいま外出中で・・・」と対応されるだけでもそこで働いているということになるのだそうです。本人が電話に出ないといけないということではありません。

で、その時間は実際会社に人がいるので誰か電話に出て対応してくれることを祈って待ちました。もう1つ心配があって、まぁ別にかまわないのですが会社の人にお金借りるんだってバレたらちょっと嫌だなーと思いましたが、プロミスが会社に在籍確認の電話をするときはプロミスだってことが分からないように個人名を名乗って電話するそうです。だから、もし会社にバレたらまずいっていう人でも大丈夫です。

ドキドキの審査結果は

コンビニで立ち読みしながら待つこと15分、メールが来ました。審査結果はメールで来るのです。届いたメールを見てWEBにアクセスして審査結果確認します。そこには、

「ご利用限度額50万円」

と書かれていました!無事審査が通ったようです。


で、そのまま近くのプロミスの無人契約機に行き契約手続きを行いました。そして無事カードを受取り、その場で現金を借りることができました。

ちなみに、身分証明書はその無人契約機で必要になります。


まとめ

申し込みから借り入れまで約1時間とちょっとかかりましたが、無事現金を手にして用事を済ますことができました。正直家に帰っても大した時間は変わらなかったという落ちになりますが、もしもっと遠出したときのことを考えると、この方法はいざというときに役に立つと思います。

もちろん身分証明書も忘れていたり、会社に誰もいない休日とかだと使えませんが、平日で身分証明書は持っているという状況なら、そして無職でなければ使える手ですね。

これからは、パスケースにちょっとした現金とこのプロミスのカードを忍ばせておくことにしたいと思います。普段お金を借りることはありませんから、本当にいざというときの為にパスケースに入れておくというのが私にはピッタリです。

あと、返済は翌日すぐにコンビニでしました。プロミスははじめての人は30日間は無利息なので30日以内に返済すれば金利はかかりません。

今回は本当に助かりました。

プロミスについて詳しくはこちら!

300×250


サブコンテンツ

このページの先頭へ